読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当方素人につき誤り等あればご連絡ください

アーケードゲーム『クイズマジックアカデミー』の問題を通じて色々調べた結果をまとめます

中国人のかぶる帽子に似ていることから名づけられた西洋料理で使われる濾し器

テーマ

今回はライフスタイル タイピングクイズから

f:id:crucial_trivial:20170426003024j:plain

その形が中国人のかぶる帽子に似ていることから名づけられた西洋料理で使われる漉し器は○○○?

→シノワ

画像では「シナイ」と間違えて答えていますが,正解は「シノワ」です.「シノア」でも正解になるのかは不明.

ズバリ写真を

これか!

コトバンクによると

デジタル大辞泉の解説

シノワ(〈フランス〉chinois)《「シノア」とも。中国の、の意》円錐形をした、網目の細かい金属製のこし器。スープやソースなどをこすためのもの。形が中国人クーリー(労働者)の帽子に似ていたことからの名。

スープやソース,ピュレなどを滑らかにするのに使われるようで,主にフランス料理で用いられることが多いのだろうか.それでフランス語なのだろうか.

中国人労働者―苦力(クーリー)についてはWikipediaによると

苦力(クーリー)とは、19世紀から20世紀初頭にかけての、中国人・インド人を中心とするアジア系の移民、もしくは出稼ぎの労働者である。

主に大英帝国の植民地、旧植民地であるアメリカ合衆国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、ペルー、南アフリカ共和国スリランカ、マレーシア、ハワイ、フィジー、モーリシャスレユニオン島西インド諸島、香港、シンガポール等で低賃金で過酷な労働を強いられた。

だそうだ.

このクーリーがかぶっていた形の帽子は現在ではクーリーハットと呼ばれているっぽい.

なるほど,そっくりである.